ネットビジネス全般の事。

【RBSとネフィリム比較】アンテナサイトとブログサービスの運営ができるシステム

投稿日:

羽田です。

いつも購読ありがとうございます。

 

メールでもお伝えしたようにパソコンが見事に壊れ、特典の配信におよそ24時間影響を及ぼしました。

「パソコンは電源を必ず落とさないと駄目」という事を友人にも言われたのですが まさにその通りですね。

 

外泊前に作業途中で そのまま出てきたのですが戻ってくると画面が黒い。

これはスリープ状態になるので 当然だと思いきや そのまま立ち上がらず電源を落としても変なモードになってウィンドウズが起き上がりません。

パソコンが壊れる現象なんて信じられませんでしたが とにかく何度繰り返しても時間の無駄。

メーカーに問い合わせると 「直っても中身のデーターやファイルは多分無理」との事。

「HD外付けにしてファイルなどは別にしておけば良かった!」と思っても後の祭り。

「さあ どうするか?」

奇跡を待とうにも待つ余裕ないですから 新しいPCを買う事にしました。

 

ネフィリムの特典が24時間遅れて配信

 

しかしエメラルドブースター以前の問題で ネフィリム単体でも 非常に好評で、
やっぱり手応えが凄いという声が多かったです。

簡単に稼働まで進める事ができた。

思いの他、アクセスが初っぱなから多い

報酬が発生し始めた

などなど

 

アンテナサイト系には 色々なタイプのものがあります。

これは、サイトテンプレートと同じようなものです。

アフィリエイトサイト向けのワードプレスのテーマも数多くあるじゃないですか。

そして機能も構成もそれぞれ違います。

目的や使い方などで異なってきますから一概に何が一番とか二番とは言えません。

色々とみていても比較記事が殆どないので 私が書いてみたいと思います。

RBSとネフィリムの違いを明確に書いてみると

 

例えば以前のRBSについて書いてみましょう。

RBSやRBS極というシステムツールは、どういうものなのか?

RBS極について

 

こちらもアンテナの要素を含んでいるという事とこちらは ブログサービスを自ら運営するといったスタイルのシステムです。

ようは、マルチタイプ。

つまり会員を募れるわけです。

これはFC2ブログやアメブロのようなブログサービスのオーナーになるようなシステムなのです。

強いて言うまでも無く可能性は絶大です。

ブログのように投稿できるような機能、ビジュアルエディタなどもある上にアンテナサイトの機能もあるものを、フリーで提供できます。

もちろん会員を集めて更新頻度も高まりアクセスも増えると無料ブログのように広告スペースもありますので 他力本願の利益も得ていけると。

さらに言いますと会員ビジネス になるのでメルマガなどでの落とし込みも可能になります。

正直もっと明かしてシステム売りすれば良いのにというレベルとクオリティです。

 

ただ、本来はこの手のシステムは、ある程度大きなサーバーに設置する事がオススメです。

会員が増えると 共有サーバーでは無理が生じるので引っ越しが必要ですから。

ただ出来る限り、負荷をかけないように工夫がされているのです。

例えば更新頻度一つとってもそうです。

ただここで大きな違いが理解できました。

 

RBSとネフィリムの決定的な違いと目的

 

RBSはブログ投稿機能を実装しているシステムでアンテナサイトの機能と両立しています。

 

具体的には このような自動サイトが運営できるのがRBSなのです。

RBSのサイトはこんな感じです。

上記は子サイトで親サイトは子サイトの更新情報を掲載したり親サイト単独記事の投稿が可能。

もちろんオリジナルの記事投稿も可能でエディタもついていて画像などもアップロードできるので その辺のブログサービスのようなイメージです。

さらにRBS極では、自動更新として楽天やDMMの商品の自動投稿機能が追加され、それを会員にも付与できる仕組み付きという 太っ腹のシステムです。

自動投稿で指定したカテゴリのみを自動投稿とかキーワードを指定して投稿する…という事もできるのです。

こんな安価で売られるようなシステムではなく30万、50万でも十分なマルチ機能のブログシステムなのです。

ただあくまでも会員を増やす、他力本願意識の高いシステムなのです。RBSの詳細ページを見るには、こちら

 

ネフィリムについては、ブログ機能も何もありません。

固定ページぐらいは作れますが必要以上に不要です。

強いて言えばアンテナサイトオンリーなので アンテナサイトという枠だけで見るとパフォーマンス(サーバーに対しての負荷)の面で見てもアンテナサイトとしては、他の機能がないだけフル稼働できるわけです。

 

車で言うと余計な装備のない走り重視のスポーツカーと 装備や機能に拘るラグジュアリーカーとの違いみたいな感じですね。

まさにそれは、フェラーリとレクサスみたいな感じでしょうか。

ここでスピード重視だけを意識するならどちらなのか?ということです。

RBSの機能は、非常に多く、本当に心から凄いものですが あくまでもアンテナというのは一部の機能でメインではない。

そしてネフィリムの機能に関しては、アンテナメインとなっている。

これが RBSとネフィリムの違いとレイアウト、構成、機能の違いが明らかに現れているのです。

ですから……アンテナサイトという部分だけを考慮すると、

ネフィリムについても、「どうしてこんなに調子良いんですか?」みたいな質問も頂くわけですが まさにこの違いだと思います。

ただアンテナサイトという観点で見るとネフィリムは強い。

1日の更新頻度もアンテナサイトとしてしっかり動作させる事ができるのです。

 

ネフィリムの目的はアンテナサイトで稼ぐ事。

RBSの目的はマルチ機能でブログサービス運営(アンテナサイト機能付き)で場所を提供して他力本願で稼ぐ事。

もちろんRBSも自らオーナーになりつつも、自分でアカウントを作り、上記のようなサイトを運営して量産する事も可能なのです。

 

ネフィリムの詳細ページを見るには、こちら

RBSの詳細ページを見るには、こちら

 

ただどちらもしっかり活かせば利益の出せるシステムツールです。

ここでアンテナサイトを運営して稼ぎたいだけの人はネフィリムだし、会員ビジネスで大きく稼ぎたい人にとっては、RBSという事になります。

是非、参考にしてください。

PS

暑い日が続きますのでくれぐれも体調管理をしてください。

 

それでは、羽田でした。

-ネットビジネス全般の事。
-, , ,

Copyright© アダルトアフィリエイトで稼ぐ方法 , 2019 All Rights Reserved.